転職に役立つ資格とは

転職,資格

最近は、不景気だといわれておりなかなか働き先が見つからないというようなこともあります。たとえば、今の職場が気に入らなくて転職をするというような時でも現在の勤め先よりも条件の良い職場を見つけるのが困難であるとして困っている人もいるのではないでしょうか。 このような転職をする時に役に立つのが何と言っても資格です。資格を一つ持っているだけで職場さがしの幅が一気に広がることになるのです。 しかしどのような資格でもいいというわけではありません。誰でも取れるというようなものもありますので、そうしたものはあまり役に立ちません。やはり実務に役立つような現実的なものを持っているだけでグンと職探しが有利になるわけです。 最近ではそのように学歴などよりもはっきりとその人の技能を推し量ることができる指標としてそうしたものを判断材料にして人材を探しているというような会社も少なくありません。 職探しに苦労をしたくないというようなことを考えているのならばそのようなことを身に着けるようにすると良いかもしれません。そうすれば、少しでも条件が良くて働き甲斐のある職場を見つけて転職を成功させることもできるということなのかもしれません。 79

転職する際に出すのは退職願

転職,資格

終身雇用制という観念もほとんどなくなった日本の企業。昔は一旦雇い入れた社員は定年まで面倒を見るのが常識でしたが、最近では労働者も自己実現やキャリアアップのために転職と、日本の社会もだいぶ欧米化してきました。 転職活動をして、いざ希望の就職先が見つかると、今の仕事をやめることになります。今働いている企業に退職を申し出るわけですが、その際に提出するのは退職届なのか、それとも退職願なのでしょうか。 どちらでも大差ないのですが、願の方がよいと言われています。こちら側としては、次が決まっているのでほぼ100%やめたいわけなのですが、やめたいという希望が受理されていないのに、届と断定してしまうのは良くないためです。絶対にやめたいという気持ちであっても、届ではなく願にするのが無難な方法です。 また、気を付けたいのがやめ方です。今の会社がひどいところであって、無言で去りたいたいという気持ちであったとしても、絶対にそれはNGです。社会は狭いです。転職先で今の会社とかかわりがあるかもしれません。そんな時、無理やりやめたのでは、取引がスムーズにいかなくなる可能性があります。そうならないように、社会人として礼儀は尽くして退くべきなのです。 80

更新履歴


このページの先頭へ戻る